責任者講習のご案内

不当要求防止責任者講習制度とは

組織犯罪集団である暴力団は、覚せい剤の密売や賭博・ノミ行為などの不法利得のほか、組織の威力を示して飲食店などからみかじめ料、用心棒代の徴収等の資金獲得活動を根強く行っています。
また、民事問題や経済取引きに介入して、一般府民や企業から不当な利益を獲得する活動を活発に行い、その活動範囲と対象を拡大している状況にあります。

そこで、暴力団の不当な要求による被害を防止するためには、暴力団の活動実態や不当要求の手口などを知り、その対応方法を習得しておく必要があります。

暴力団対策法では、事業者の皆さんが選任した責任者に対し、不当要求に対する対応方法などについて指導を行うため、各種資料の提供や、指導・助言等の援助を行うことを定めています。
この援助の一環として「不当要求防止責任者講習制度」があります。

不当要求防止責任者の選任と講習受講までの手続き

あなたの職場を暴力団等から守るための講習です。不当要求防止責任者講習 無料

責任者選任届出書の提出

※画像をクリックすると拡大します。

●責任者選任届の様式
責任者選任届の様式は、京都府警察ホームページからダウンドロードすることが 出来ます。
※ 受講するには、事前に「責任者選任届出書」を、事業所を管轄する警察署に提出しなければなりません。

 

 

講習内容

講義 暴力団対策法及び京都府暴力団排除条例の解説、暴力団情勢、暴力団等の不当要求に対する対応要領、DVD上映等を行います。

講習イメージ

 

講習についてのお問い合わせ先

京都府警察本部刑事部組織犯罪対策第二課    075-451-9111(内線4552・4553)

公益財団法人京都府暴力追放運動推進センター  075-451-8930 講習担当係

  • お問い合わせ・ご相談はこちら 相談無料 秘密厳守
  • 賛助会員募集 お申し込みはこちら
  • 京都府警察 ホームページはこちら